TozziTwo+CestiMBで2way

TozziOneをTozziTwoに変更してみました。

パッシブネットワークを使用し、低域をカットしてあるのでバスレフダクトは関係ないかな?と思っていたのですが、TozziOneは塞いで密閉箱状態が好みでした。TozziTwoの場合はダクトを塞ぐと繊細感が悪化してしまいました。密閉化により空気のバネが強くなるとせっかくのシングルサスペンションの効果に悪影響をもたらしてしまうみたいです。

CestiMBのウーハーとしてのポテンシャルも確認できました。CestiMBのドライバーSOTA11は小型ボックスでも低音が出るようにマークが設計したそうです。

さて音質ですが、パワフルかつ繊細な楽しいサウンドです。パワフルなフルレンジもしくは繊細な2wayみたいな感じ。

こんな構成のスピーカーが将来販売できたら面白いかもと思えるテストでした。

 

 

聴かない訓練

以前のHPでも紹介した記事ですがこちらのHPでも紹介します。

聴かない訓練

http://mushiofunazawa.com/text/kikanai.html

何かを聴く訓練をするということは、それ以外の全てを聴かない訓練をするということだ」

と仰っています。

ほんと、そう思います。

私の場合ゆるく膨らんだ遅い低音が苦手で長く聴いてると車酔いしたみたいに吐き気が込み上げてきます。

気にしない方はその点を指摘しても分からないみたいです、聴いてるポイントが違うんでしょうね。

スピーカーケーブルはカナレ 4S6

スピーカーケーブルは絶対的基準のカナレ4S6を使用しています。

フラットで癖がなく抜けが良いです。

このケーブルを使って詰まった音がしたりキツイ音がしたとしたらどこかの機材に原因があります。

機材を弄り回す前に先ずこのスピーカーケーブルに変更させることをオススメします。

先ずフラットに音を整えてから自分なりの音を作っていけば良いと思います。一時は重度な電線病にかかっておりましたが今ではすっかり…w

今日現在 75円(税込み)/m 某音家

http://www.canare.co.jp/pr4_008.php

マークが来日してました。

3月下旬にマークフェンロン氏とマークオーディオ社長のトーマス氏が来日しておりました。

サウンドハンター様やジャズ喫茶「メグ」での、”メグ・ジャズ・オーディオ愛好会 で公演したり、日本国内で精力的に活動してました。

次期スピーカーの開発の参考にギター工場を見学したり、NCシリーズのスピーカー製造工場を見学したり。

開発中のPV11搭載のトールボーイ型や香港のケネス氏が製作した球アンプを聴きながらミーティングしたり、楽しい1日でした。


アンプとスピーカーとインピーダンスと

私のオーディオ師匠である、とむ氏のページです。

http://www.ezto.info

オーディオマニアだったら絶対に知っていて欲しいアンプとスピーカーとインピーダンスの関係です。これは多くのプロも知らない、分かっていない事象です。

この事象を知る前は自分の作ったスピーカーの音が組み合わせるスピーカーによってコロコロ変わってしまいとても困ったものです。ある意味自分の感覚がフラットだったと確認できたのですが。

http://www.ezto.info/stpress/2013/07/187.html

mleacabinet.jp

しばらくHPが見れなくなってしまい、申し訳ございませんでした。

ドメインのトラブルにより.comから.jpへ変更になりました、これからはmleacabinet.jpのドメインでお願い致します。

 

光になったので…

引っ越したのでADSLからやっと!今頃!光にしました。w

光になりソフトのダウンロードのスピードアップが体感できましたし、ADSL時での動画再生は再生速度にダウンロードが間に合わない状態で、とぎれとぎれでしたが、今はそんなことにはなりません。

速度はどんなもんだろ?と色んな所で適当に測定してみました。

USENのスピードテストによると

『そうとう早いです。ブロードバンドの世界を思う存分にお楽しんで下さい。』

とのことでした。w

静的ページでセキュリティーレベル向上

以前と同じようにWordPressで作られていますが、動的ページから静的ページへ変更しました。

改ざんファイルを埋め込まれにくくなっております。

その分コメントや検索などの機能はなくなってしまいした。
スパムコメントばかりで大変でしたが…

質問等ございましたら下記のメールアドレスでご連絡下さい。

shibuya@mleacabinet.com
shibuya@fidelitatem-sound.com

%e5%86%99%e7%9c%9f-2013-10-13-17-00-18

マークフェンロン氏と私 2013年10月21日